メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

スマート農業がめざすもの=農業ジャーナリスト・青山浩子

 深刻な労働力不足を補うため、農林水産省は、ロボット技術やICT(情報通信技術)の活用を通じて省力化を図るスマート農業を推進している。生産現場を回ると、必要に応じて技術を活用する生産者がいる一方、過度に頼らず、一定の距離を保つ生産者にも出会う。

 宮城県の40代のある生産者は、施設内の環境を自動制御する「環境制御型技術」でキュウリを生産している。最適な環境が保たれれば、収益性の向上が期待できる。ただし、この生産者は、太陽光や水、土の恵みだけでキュウリを作る施設も有している。「自然の力で育てたキュウリづくりの方が楽しいし、おいしい気がする」という。

 また「環境制御技術に頼りすぎると、社員が作物を観察しなくなる」と警鐘を鳴らす高知県のピーマン農家もいる。若手育成のためこの生産者は、複数の施設のうち1棟では、環境制御技術を導入せず、社員自身が作物を観察し、状態に応じて温度や湿度を調整するように指示している。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです