メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

大豆の物語が絵本に 橋本悦代さん(53) 命の重みずしり、夢実現

「おおいなるだいずいちぞく」の作者、橋本悦代さん=東京都千代田区で、上東麻子撮影

 ある春の日、畑の中から声が聞こえてきました。そこにうごめいていたのは……。大豆の魅力を底抜けに明るく描いた毎日小学生新聞の人気連載が、絵本「おおいなるだいずいちぞく」(偕成社)として刊行された。料理店のおかみの顔を持つ絵本作家、橋本悦代さん(53)に作品への思いを聞いた。【聞き手・上東麻子】

 複雑な家庭に育ちました。3歳で母が家を出て行き、覚えているのは後ろ姿だけ。小学2年の時に父は再婚し、祖母と伯母に育てられました。お母さんがいる友達が羨ましくて……。だから私の絵本に出てくるのは理想のお母さんです。

 祖母たちは愛情を注いでくれました。洋裁が得意で人形と服を何着も作ってくれ、宝物でした。人見知りで絵…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです