メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

マルハニチロ/6 戦後の空腹、満たす捕鯨

捕鯨母船員時代の谷藤さん=本人提供

 激しい暴風雨としけを乗り越えると目前に静かな海が広がった。「日の光によって色が変わる氷山が美しかった。でも船がぶつかったら一巻の終わりだ」。谷藤繁(85)は大洋漁業の捕鯨船乗組員として、南氷洋(南極海)を舞台にクジラを追った日々に思いをはせる。

 敗戦によって、マルハニチロ前身の大洋漁業と日魯漁業など大手水産会社は大半の漁船と漁場を失った。その中で、大洋漁業創業者の中部幾次郎は「国民は食べ物に困っている。食料の生産こそ焦眉(しょうび)の急だ」と、終戦直後に大量の漁船建造を決断。1946年には南氷洋での捕鯨を再開した。戦後の食糧難の時代、谷藤にとって月1回程度配給される鯨肉は貴重なごちそうだった。「クジラを捕って腹いっぱい食べたい」。空腹を抱えていた少年谷藤は捕鯨船に乗る夢を膨らませ、57年に大洋に入社。希望通り捕鯨部に配属された。

 11月になると、母船を中心に捕鯨船や冷凍船など約20隻で組織された大船団が全国各地の基地を出港し、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです