メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「臨界」の残像―JCO事故20年―

/上 進まぬ「被ばく医療」 当時の医師、人材不足に危機感

JCO臨界事故について語る前川和彦医師=川崎市麻生区で2019年9月、梅村直承撮影

 「バシッ」。1999年9月30日、核燃料を加工していた「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事業所(茨城県東海村)で異音とともに青い閃光(せんこう)が放たれた。その瞬間、放射性物質のウラン溶液を扱う作業中だった同社社員の大内久さんと篠原理人(まさと)さんの体を、強烈な放射線が通過した。

 核分裂が連鎖的に続く臨界状態が生じ、放射線を遮るものがない「裸の原子炉」ができあがっていた。被ばくした大内さんらを治療したのが、東京大病院で救急部・集中治療部長を務めていた前川和彦さん(78)だった。

 急性の大量被ばくで、大内さんらの体は新たな細胞を作れなくなった。日焼けしたような肌は徐々に皮がむけて水ぶくれのようになっていた。「やけどの専門家の私でさえ毎日驚くような変化で、治療は海図のない航路だった」。大内さんは12月に当時35歳で、篠原さんは翌年4月に同40歳で亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです