メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

プラスチック編/5 1基で年7万トン、再利用に道 日揮が「ケミカルプラント」販売へ

アンモニアの原料としてリサイクルされるプラスチック=川崎市川崎区の昭和電工で、鈴木理之撮影

 <くらしナビ・環境>

 国内のプラスチックのリサイクル率は約25%にとどまり、分別のコストや手間がリサイクル産業の育たない原因として指摘されてきた。海洋流出対策として自然分解されやすい素材の開発も進むが、普及に向けては課題も多い。

 ●負荷高い「熱回収」

 「日本のプラスチックごみの回収率は9割を超える」。今月11日に就任した小泉進次郎環境相は記者会見で説明した。PETボトルリサイクル推進協議会によると、全国のペットボトルは2017年度に92・2%が回収され、約50万トンが資源として再利用された。リサイクル率は84・8%で世界的にも高水準だ。

 ただ、環境省によると、プラスチック全体では、原料に再生される「マテリアルリサイクル」は22%、化学…

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです