メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

「赤い薬」のダニに興奮=五箇公一

ナミケダニ=五箇公一さん提供

 以前にも書かせていただいたが、私の本当の専門はダニ学である。ダニ学者の自分が、一度は食べてみたいと願っているダニがいる。それはインターネット上の動画での偶然の出合いが始まりだった。

 その動画の撮影場所はインドのプリという街で、草原の地面からぞろぞろ出てきてうごめく真っ赤な「むし」を村人たちが拾って集めるシーンが繰り広げられていた。彼らの手のひらに乗っている「むし」のアップを見てみると、それは昆虫ではなく、体長2センチ近くもあるダニだった。

 姿形から、ナミケダニ科に属するダニの一種と思われた。ナミケダニの仲間は世界的に広く分布しており、通…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです