メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武12-4ロッテ 一丸、レオ連覇 ミラクル逆転 成長、打つだけじゃない

【ロッテ-西武】三回表西武無死一塁、2点本塁打を放ち「どすこい」ポーズを決める山川(手前右)と一緒に喜ぶ西武の選手たち=梅村直承撮影

 西武は二回、栗山と金子侑の適時打、秋山の3点適時三塁打で計5点を先取。三回に山川が2ラン。七回は相手守備の乱れにも乗じ4点を加点。先発のニールは自身11連勝で12勝目。ロッテは4位で今季終了。3年連続でCS進出を逃した。

 九回。西武・辻監督は今季初めてマウンドに歩み寄り、抑えの増田に直接ボールを手渡し、背中を2度たたいた。「優勝投手として楽しみなさい」。増田が3者凡退に切ると、142試合目での歓喜が待っていた。

 看板通りの破壊力満点の打線が大量点を挙げた。しかし、その裏に昨季からの変化がある。象徴的なのは二回…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです