メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 一丸、レオ連覇 ミラクル逆転(その2止)

優勝を山川(手前)と喜び合う西武の辻監督=梅村直承撮影

先を見据えた育成力

 今季の開幕前、西武の連覇を推す声は多くなかった。エース左腕の菊池雄星が米大リーグ・マリナーズへ移籍。不動の3番だった浅村栄斗が楽天、長年正捕手を務めてきた炭谷銀仁朗が巨人へとそれぞれフリーエージェント(FA)で移った。投打の主力3人が抜けて苦戦必至だったからだ。しかし、それを覆せた裏には、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)の先を見据えたチーム作りと伝統の育成力がある。

 「功労者が抜けて戦力ダウンと思われるかもしれないが、選手自身も主力が抜けて弱くなったと思われるのは…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです