プロ野球 一丸、レオ連覇 ミラクル逆転(その2止)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
優勝を山川(手前)と喜び合う西武の辻監督=梅村直承撮影
優勝を山川(手前)と喜び合う西武の辻監督=梅村直承撮影

先を見据えた育成力

 今季の開幕前、西武の連覇を推す声は多くなかった。エース左腕の菊池雄星が米大リーグ・マリナーズへ移籍。不動の3番だった浅村栄斗が楽天、長年正捕手を務めてきた炭谷銀仁朗が巨人へとそれぞれフリーエージェント(FA)で移った。投打の主力3人が抜けて苦戦必至だったからだ。しかし、それを覆せた裏には、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)の先を見据えたチーム作りと伝統の育成力がある。

 「功労者が抜けて戦力ダウンと思われるかもしれないが、選手自身も主力が抜けて弱くなったと思われるのは本意ではない。絶対、今年も勝つという強い気持ちを持ってシーズンに入ってくれた。非常に評価に値する」。渡辺GMがまず指摘したのは選手の姿勢だ。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文721文字)

あわせて読みたい

ニュース特集