メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大原優乃

古坂大魔王と“弁理士ユニット” ラテン系の曲に乗せラップを披露

日本弁理士会のミュージックビデオの一場面

[PR]

 タレントの大原優乃さんと、お笑い芸人で音楽プロデューサーの古坂大魔王さんが出演する、日本弁理士会のミュージックビデオ(MV)が9月26日、公開された。2人は弁理士ユニット結成し、ラテン系の曲に「ベンベレベンベンベン……弁……理士!」とラップを披露。楽曲は古坂さんが作詞作曲した。

 MVの舞台は、古坂さん扮(ふん)する弁理士が働く特許事務所。古坂さんが、大原さん演じる弁理士を目指す新人スタッフの業務を心配し、声をかけると「チョー全然です! そもそも弁理士の仕事すらわからないっす」と返答。古坂さんが「そもそも~!!」と怒ったことをきっかけに、楽曲が流れ出す。

 古坂さんは、大原さんについて「優乃のことは小4の頃から知っている」というほど、古くから親交があるといい、MVでも2人は息の合ったパフォーマンスを披露している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです