戸田恵梨香さん主演朝ドラ「スカーレット」舞台、滋賀・甲賀市で「おもてなし」準備進む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロケの様子が公開され、ドラマの衣装姿で登場した戸田恵梨香さん(左)と大島優子さん=滋賀県甲賀市の宗陶苑で2019年4月4日午前11時50分、諸隈美紗稀撮影
ロケの様子が公開され、ドラマの衣装姿で登場した戸田恵梨香さん(左)と大島優子さん=滋賀県甲賀市の宗陶苑で2019年4月4日午前11時50分、諸隈美紗稀撮影

 30日から放送が始まるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」の舞台となる滋賀県甲賀市が、観光客の「おもてなし」の準備を進めている。2018年の「半分、青い。」の舞台となった岐阜県恵那市や、現在放送中の「なつぞら」の北海道・十勝地方などと同じく、朝ドラの集客効果が期待されるからだ。甲賀市の担当者は「過去の朝ドラの舞台では放映後、観光客数が数倍になったケースもある。トラブルにも対応できるよう備えたい」と気を引き締めている。

 スカーレットは戦後間もなく大阪から信楽にやってきた少女、川原喜美子が信楽焼の魅力に引かれ、男ばかりの陶芸の世界に飛び込む物語。戸田恵梨香さん(31)が喜美子役として主演するほか、地元・大津市出身の林遣都さん(28)が幼なじみ役で出演。滋賀ふるさと観光大使のアーティスト、西川貴教さん(49)がフランス留学経験のある芸術家「ジョージ富士川」役で出演することも話題となっている。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1686文字)

あわせて読みたい

注目の特集