メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かつらの裏に金塊 消費増税で利ざや稼ぎ 手口巧妙、密輸増を税関警戒

関西国際空港で摘発された金の密輸事例。昨年、訪日外国人がかぶったかつらに金塊が隠されていた=関西国際空港で2019年9月9日午前10時59分、小松雄介撮影

 10月に消費税率が10%に引き上げられるのを前に、全国の税関が金密輸への警戒を強めている。税率が5%から8%になった2014年以降に急増しており、手口は巧妙化。金塊をかつらの裏に隠した外国人が摘発されたり、金を黒く塗って書道の道具に見せかけたりしていたケースが発覚している。

 海外から金を持ち込む際、税関に申告して消費税を納付しなければならないが、密輸をして日本で消費税込みの価格で転売すれば消費税分がそのまま利益になる。格安航空会社(LCC)のアジア便が増加して運搬コストが下がったこともあり、消費税率が上がれば密輸業者の「利ざや」はさらに大きくなる。

 財務省によると、金の密輸に絡んで全国の税関が刑事告発するなどした処分件数は13事務年度(13年7月…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです