メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8月大雨 佐賀県の被害総額325億円 平成以降最大に

大雨の影響で斜面が崩落した「ボタ山わんぱく公園」=佐賀県大町町で2019年9月1日午後3時38分、本社ヘリから

 佐賀県は24日、8月末の大雨災害による農林水産関係の被害額が同日午前8時半現在で計127億円に上り、商工業や公共土木関係なども合わせた被害総額は計325億3800万円に膨らんだと明らかにした。被害状況の調査は続いており、今後さらに増額される可能性がある。【池田美欧】

 県農政企画課によると、冠水や土砂流入により減収につながった農畜産物は水稲や大豆など6384ヘクタールで、被害額は10億5500万円に上った。倉庫への浸水による農業機械の故障など、農業施設や機械の被害は591件で13億6300万円。水路や農道など土地改…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです