「女子高生が軽乗用車購入で炎上」は本当だったのか 背景に「ソーシャル・ポルノ」?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ネット上のさまざまな「炎上」事案の背景に「ソーシャル・ポルノ」がある可能性を指摘する東大大学院工学系研究科の鳥海不二夫准教授=2019年9月18日午前11時1分、東京都文京区の東大キャンパスで大村健一撮影
ネット上のさまざまな「炎上」事案の背景に「ソーシャル・ポルノ」がある可能性を指摘する東大大学院工学系研究科の鳥海不二夫准教授=2019年9月18日午前11時1分、東京都文京区の東大キャンパスで大村健一撮影

 8月末、ツイッターで女子高校生を名乗るアカウントが「お金をためて軽自動車を買った」という内容を投稿し、まもなく削除する事案があった。ツイッターでは、削除の理由として「投稿が炎上したから」といううわさが拡大。炎上させた人たちへの批判が殺到したが、実はそもそも「炎上」と言えるほどの騒ぎは起きていなかったという。なぜ、「火元」がないのに批判が広がったのか。今回の件を分析した東大大学院工学系研究科の鳥海不二夫准教授は、事実を確認せずに反射的に投稿を拡散してしまう「ソーシャル・ポルノ」という現象が背景にあると指摘する。【大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2161文字(全文2438文字)

あわせて読みたい

注目の特集