メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀・玄海原発3、4号機運転差し止め認めず 抗告棄却 福岡高裁

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の運転差し止めを地元住民らが求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は25日、住民側の抗告を棄却した。住民側は、巨大噴火のリスクや、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」の不備を訴えたが、認められなかった。

 市民団体「原発なくそう!九州玄海訴訟」の佐賀を含む九州・山口5県のメンバー71人が、差し止めを却下した佐賀地裁決定(…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです