メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賓客受け入れ、交通規制、テロ対策…即位礼の準備急ピッチ

パレードに伴う通行止め区域

 天皇陛下が即位を国内外に宣言される国事行為の儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」(10月22日)まで1カ月を切り、準備が山場を迎えている。「海外の要人の受け入れはスムーズに行われるだろうか」「(東京)都内で行われるパレードの警備想定に漏れはないか」。儀式直前まで関係者の慌ただしい日々は続きそうだ。

 「平成を上回る190以上の国・国際機関代表の来日が予想される。賓客の受け入れに万全を期す」。安倍晋三首相は18日、皇位継承に関する式典委員会で指示した。平成の即位礼(1990年)に参列したのは約160カ国だった。

 海外要人の受け入れを担当する外務省は「即位の礼準備事務局」を設け、各国に担当者を張り付けて対応する…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「就職氷河期世代」とは

  3. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです