メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・橿原の本薬師寺で大規模な南門跡 飛鳥時代寺院で最大級

礎石の穴などが見つかった本薬師寺南門跡の発掘現場=奈良県橿原市で(市教委提供)

 奈良県橿原市の藤原京にあった飛鳥時代建立の古代寺院・本薬師寺(もとやくしじ、同市城殿町)の発掘調査で、同市教委は25日、推定幅約15メートルの大規模な南門跡を確認したと発表した。確認されている同時代の寺院の南門としては最大級。後の奈良時代の寺院は南門が正門として巨大化しており、その傾向を先取りしているとみられる。

 市教委は今年2~3月に118平方メートルを調査し、礎石穴(1辺1~1.5メートル)3個を確認した。東西は柱4本で長さ約15メートルあったとみられることが分かった。東西の柱と柱の間隔は約5メートルで、藤原宮大極殿院南門など都の主要な門と同じ規格だった。調査を担当した市教委の石坂泰士主査は「本薬師寺の建設が国家主導で進められたことを裏付けている」とみる。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです