メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「償って、前向いて」 大津園児死傷事故 重傷女児の母親、胸中語る

重傷だった女児の母親はインタビューで苦しい胸の内を語った=大津市内で2019年9月22日午後5時20分(代表撮影)

 大津市の滋賀県道交差点で今年5月、右折車と直進車の衝突に巻き込まれた保育園児ら16人が死傷した事故で、重傷だった女児(2)の母親が報道各社のインタビューに応じた。右折車を運転し、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で公判中の同市、無職、新立(しんたて)文子被告(53)の被告人質問が来月8日、大津地裁で予定される。母親は「全て許せるわけではないが、前に進まないといけない。しっかり償って、前を向いてもらいたい」と胸の内を語った。

 右脚を骨折するなどした女児は事故直後、体を毎晩ガタガタ震わせたり、ベッドの柵にしがみつきながら泣き叫んだりしていた。約3カ月後に退院し、現在は保育園に通えるまで回復したが、今でも自分に向かってくる車やバックをしてくる車を見ると「怖い」と言って体をこわ張らせることもあるという。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです