メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「原発の新規制基準は合理的」福岡高裁も九州電力・玄海原発の差し止め認めず

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の運転差し止めを住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は25日、原発の新規制基準や、九電の重大事故対策、防災対策などは合理的だとして、住民側の抗告を棄却した。

 阿蘇カルデラ(阿蘇山)など周辺火山の巨大噴火に対する新規制基準に基づくリスク評価や、テロ対策の合理性が争点となった。

 決定は、運転期間中の巨大噴火の発生について「全くないとは言い切れないが、可能性が抽象的であれば防災…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです