メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水素閣僚会議、燃料電池車「10年で1000万台普及」 35の国や地域など参加

 各国政府が水素エネルギーの普及に向けて課題などを話し合う「水素閣僚会議」が25日、東京都内で開催された。今後10年間の目標として、水素を利用して走行する燃料電池車(FCV)などを世界で1000万台普及させ、補給所の水素ステーションを1万カ所に整備する行動指針をまとめた。

 水素閣僚会議は水素技術で先行しているとされる日本が提唱し、昨年10月に初めて開催された。今回は2回目で、米国や豪州、ノルウェーなど35の国や地域、国際機関が参加した。経済産業省によると現在、世界でFCVは数万台(日本は約3400台)、水素ステーションは数百カ所(日本は約110カ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです