メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現の不自由展「条件を整えた上で再開を目指したい」 愛知・大村知事

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、激しい抗議や脅迫などで中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」について、県の設置した検証委員会(座長、山梨俊夫・国立国際美術館長)は25日、「条件が整い次第、速やかに再開すべきだ」などと求める中間報告を発表した。芸術祭実行委員会会長の大村秀章知事はこれを受け、「条件を整えた上で再開を目指したい」と述べた。【竹田直人】

 検証委は再開の条件として、脅迫などへのリスク回避策▽ガイドツアーなど展示方法や解説の改善▽写真撮影…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです