メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現の不自由展「条件を整えた上で再開を目指したい」 愛知・大村知事

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、激しい抗議や脅迫などで中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」について、県の設置した検証委員会(座長、山梨俊夫・国立国際美術館長)は25日、「条件が整い次第、速やかに再開すべきだ」などと求める中間報告を発表した。芸術祭実行委員会会長の大村秀章知事はこれを受け、「条件を整えた上で再開を目指したい」と述べた。【竹田直人】

 検証委は再開の条件として、脅迫などへのリスク回避策▽ガイドツアーなど展示方法や解説の改善▽写真撮影とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による拡散防止の徹底――を提示した。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです