メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税ポイント解説

初導入から半世紀超 世界の消費税、比べてみると

主要国の消費税(付加価値税)率

 消費税(付加価値税)は世界各国で導入されている。給料の増減や企業業績に応じて税収が大きく変動する所得税や法人税と異なり、景気動向に左右されにくい消費に課税するため、安定的に財源を確保できるためだ。

 欧州連合(EU)は加盟国に15%以上の税率を求めており、中国は16%、韓国は10%。米国は連邦レベルの付加価値税は存在しないが、ほとんどの州が州税として実施している。

 付加価値税は1954年、世界で初めてフランスで導入された。所得税や法人税には勤労意欲をそいだり、企業活動を制約したりする懸念があるのに対し、「経済に与える影響が比較的小さい」として急速に普及。日本では89年4月に消費税として当初は3%の税率で導入された。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです