メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今世紀末、海面1・1メートル上昇 IPCC特別報告書、温暖化進行に警鐘

北極圏のノルウェー領スバールバル諸島の氷河=Denis Sinyakov/Greenpeace提供

 有効な対策が取られないまま地球温暖化が進むと、今世紀末に世界平均の海面水位は最大で1・1メートル上昇すると予測した特別報告書を25日、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表した。台風など熱帯低気圧の強さも増し、高潮などによる沿岸部の被害が増えると指摘している。島国の日本をはじめ世界各地の防災に影響を与えそうだ。【大場あい、鈴木理之】

この記事は有料記事です。

残り2329文字(全文2504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです