メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん免疫治療薬の効果予測 京大などが測定技術開発

 京都大と検査機器大手のシスメックス(神戸市)は25日、本庶佑(ほんじょたすく)・京大特別教授らが発見したたんぱく質「PD-1」の血中濃度を高感度で測定する技術を開発したと発表した。PD-1の研究から生まれたがん免疫治療薬「オプジーボ」の治療効果や副作用の予測を可能にする研究への活用が期待される。

 PD-1は免疫にブレーキをかける役割を持…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです