メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

父の遺言胸に過去最高タイ10位 男子バスケ元日本代表・江川嘉孝さん(76)

1964年東京五輪の男子バスケットボールの予選リーグでイタリアと対戦する日本=東京都渋谷区で1964年10月17日撮影

 男子バスケットボールは来年の東京大会で、1976年モントリオール大会を最後に遠ざかっていた五輪の舞台に立つ。元日本代表の江川嘉孝さん(76)が予選リーグ7戦中3勝を挙げ、存在感を示した64年東京大会を振り返った。【仁瓶和弥】

 <江川さんが五輪を目指した原点は太平洋戦争で戦死した父・栄さんの思いだった>

 私が生まれて間もないころ、父はフィリピンで戦死しました。出征の際、「自分はおそらく死ぬだろう」と覚悟していたそうです。父は学生時代、陸上の短距離選手で、将来は五輪出場を目指していました。母も幼いころに亡くしたため、親戚から「お前は大きくなったら五輪に行くんだ」と言われて育ちました。「五輪に行くこと」は父の遺言になったわけです。

この記事は有料記事です。

残り2767文字(全文3084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです