メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

気配を待つ言葉たち=和合亮一(詩人)

9月

 <わたしたちはエベレストに登れません

 わたしたちはただの言葉です>

近づくものたちの声は

そのように聞こえるかもしれない

 秋の実りへと向かっている。日々の風景の変わりゆく瞬きを鋭く思わせてくれたのが、渡辺めぐみの新詩集『昼の岸』(思潮社)である。言葉の一つ一つが時や命を刻むかのように丹念に綴(つづ)られていて、この書き手の静かで深い呼吸のゆるぎなさを詩の運びへともたらしている印象がある。季節のきめ細かな肌合いの変化の中にかけがえのない時を過ごしていることを丁寧に味わわせてくれる一冊である。

 「窓から近づいて来るものがある/沢山(たくさん)の黄ばんだ書籍と新しい書籍が/その気配を待っている…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです