メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅力ふわり「純福島産」酒 全国鑑評会、金賞数7連覇 15年かけ米開発、イメージ回復に期待 /福島

 全国新酒鑑評会の都道府県別の金賞数で7連覇を果たした県が、酒米を独自開発し「純福島産」の日本酒づくりに力を入れている。金賞を得た酒のほとんどが兵庫県産の山田錦に依存している現状を打破し、一貫生産でブランド価値を高める狙い。東京電力福島第1原発事故による風評被害で下がった県産食品のイメージを回復させる期待も背負う。

 「福島の酒の魅力向上に欠かせない期待の大型新品種」(県農業振興課)。県が15年かけて開発した酒造好…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです