メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

広がれバリアフリー NPO法人アクセシブル・ラボ代表 大塚訓平さん(39) /栃木

誰もが活動しやすい社会への取り組みについて熱心に語る大塚さん=アクセシブル・ラボで

 「ハードのバリアをハートで解消する」をコンセプトに活動するNPO法人アクセシブル・ラボ(宇都宮市)。代表の大塚訓平さん(39)は、10年前に不慮の事故で脊髄(せきずい)を損傷。現在は不動産会社を経営するとともに、車いすユーザーとしての観点から、バリアフリーの意識を世の中に広める活動を行っている。そんな大塚さんに話を聞いた。【アクセシブル・ラボ取材班】

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文2973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです