メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢湾台風から60年 「今、語らなければ」 /愛知

「このあたりに自宅があった」と当時の写真を見ながら語る、柴田隆さん=名古屋市南区元柴田東町で

 全国で死者・行方不明者5000人超の被害を出した伊勢湾台風の上陸から26日で60年。市内最多の1400人以上の犠牲者が出た名古屋市南区で被災した男性2人が体験を語った。【野村阿悠子】

亡き姉の言葉、自分が 南区・柴田隆さん(81)

 1959年9月26日。当時21歳の会社員だった柴田隆さん(81)=同市南区白水町=は、夜勤で勤務先にいた。出勤前、母から「台風はそんなに強くないと思うから、早く会社に行った方がいいよ」と声をかけられた。

 風雨が強くなり、会社の2階に避難した。午後10時ごろに1階を見に行くと、一面が水だった。「どえらい…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです