メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災東海

教育編 岐阜県関市・市立関商工高 新聞を分析、対策検討 実社会から課題求め 将来のリーダー育成に /愛知

 岐阜県関市の市立関商工高校(同市桐ケ丘1)では、土木関係の就職希望者が多い。同校で社会基盤工学を教える浅野伸保教諭(38)は、土木を志す生徒を対象に、2016年から新聞を活用した防災教育を本格的に始めた。各地で起きた災害のニュースを分析し考えることで、将来の「防災のリーダー」を育成したいという思いからだ。【沼田亮】

 きっかけは11年3月11日の東日本大震災だった。新聞やテレビで連日報道され、被災地の被害の深刻さを…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです