メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢湾台風から60年 「スーパー台風」襲来懸念 広域避難訓練、受け入れ態勢など課題山積 /三重

 東海地方を中心に死者・行方不明者5098人を出した伊勢湾台風が1959年9月26日に上陸してから26日で60年を迎える。「ゲリラ豪雨」など、地球温暖化の影響による異常気象が指摘されており、今後、伊勢湾台風を上回る規模の「スーパー伊勢湾台風」が襲来することが懸念されている。県内では今月に入り、スーパー伊勢湾台風に備えた避難訓練も実施されたが、住民避難の方法や受け入れ態勢の構築など、課題は山積している。【森田采花】

 「広域避難訓練です。避難する人は役場に集まってください」。防災の日の今月1日、木曽岬町では、スーパ…

この記事は有料記事です。

残り2802文字(全文3060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです