メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ対応、県畜産研が計画的出荷 導線分離や防護柵整備 /三重

 県内の養豚場や野生イノシシに豚コレラの感染が確認された問題で、県畜産研究所(松阪市嬉野町)は25日、施設の衛生管理水準を高めるための施設整備を進めるため、通常より早く飼育している豚の出荷を始めた。10月18日をめどに全122頭を順次出荷し、豚舎を空にした後、牛舎などと豚舎の導線の分離や自動消毒器、防護柵の整備などを検討する。

 同研究所では、豚のほか、牛や鶏を飼育している。豚コレラの防疫措置として、6月上旬から畜舎エリア、7…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです