メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市庁舎整備巡り、整地予算案可決 近江八幡 /滋賀

 建設を中止した近江八幡市の新市庁舎整備計画を巡り、中止後に土砂の埋め戻しや処理などの整地にかかった費用約4670万円を支出する議案について、市議会定例会は25日、原案通り可決して閉会した。前市長の冨士谷英正市議の所属会派から「議会の議決を経た工事中止は暴挙で保留すべきだ」と反対意見が出たが、「今後、逸失利益を交…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  3. 原発事故、安倍政権扱った作品問題視か ウィーンの芸術展、日本大使館が公認取り消し

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです