メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目標実現へ「変化恐れず」 冬季パラ・金メダリストの新田選手、玉野光南高で講演 /岡山

高校生にパラリンピックについて説明する新田佳浩選手=岡山県玉野市東七区で、戸田紗友莉撮影

 昨年の平昌冬季パラリンピックのノルディックスキー距離男子立位で金銀二つのメダルを獲得した新田佳浩選手(39)=日立ソリューションズ=が25日、玉野市の県立玉野光南高校で「今 必要なことは」をテーマに講演し、全校生徒約800人が聴き入った。

 西粟倉村出身の新田選手は、3歳の時に事故で左腕肘下を切断した。幼少期からスキーを始め、パラリンピックには98年長野大会から6…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです