平時は観光、非常時に災害対応 キャンピングカー贈呈 遠賀町の企業、朝倉市に /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
キャンピングカーのキー(レプリカ)を林市長(左)に手渡す荒木社長
キャンピングカーのキー(レプリカ)を林市長(左)に手渡す荒木社長

 キャンピングカー製造販売のナッツ(遠賀町)は24日、朝倉市にキャンピングカー1台を贈った。市は平時は観光に、非常時は災害対応に活用する。

 ナッツは東日本大震災や熊本地震の被災地にキャンピングカーを贈り、九州北部豪雨災害の復興支援として朝倉市でキャンピングカーのイベントを開くなどしている。ナッツから市に寄贈の申し出があった。

 キャンピングカーは7人乗りで、自転車のキャリアーや張り出す天幕などさまざまな装備を施している。あさくら観光協会が管理し市民らにレンタルしたり移動観光案内所として使ったりするが、災害時には市が現地指揮所や緊急宿泊場所などとして役立てる。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文414文字)

あわせて読みたい

ニュース特集