メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

大学入試共通テスト/外国人収容厳格化/持続可能な開発

「受験生の不安が払拭(ふっしょく)されていない」として、文科省の担当者に英語民間試験の実施の延期を求める要望書を手渡す全国高校長協会の萩原聡会長(中央)=東京都千代田区で10日、水戸健一撮影

 2020年度、大学入試のセンター試験に代わり「共通テスト」が導入される。人材が重要な国家資源である日本にとって、国の有りように関わる施策だが、石原俊氏は厳しく批判した。吉田徹氏は入国管理センターにおける外国人収容が厳格化されている現状の問題点を、井手英策氏は地球環境などに配慮した「持続可能な開発」のために必要なことを論じた。

この記事は有料記事です。

残り4429文字(全文4593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです