メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

文部科学相・萩生田光一氏

インタビューに答える萩生田光一文科相=東京都千代田区で2019年9月25日、滝川大貴撮影

 学校の情報通信技術(ICT)の環境が遅れているので思い切って整備したい。少子高齢化、技術革新、グローバル化などで社会が大きく変化するなか、主体的に判断し、新たな価値を創造できる人材を育成することが必要だ。人工知能(AI)もICTも人間が使うのであり、使われてはならない。そのための能力を子どものうちから身につけてほしい。

 教員の働き方はいま、しっかりと見直さなければならない。教員の志望者が減っているという実態がある。(諮問機関の中央教育審議会から)教員の勤務時間のガイドラインを法的な根拠のあるものにすること、夏休みなどで休日のまとめ取りを推進するための制度改革などが提言されており、具体的な内容を検討したいと思っている。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  2. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです