メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

立憲民主党のこれから 熱い支持者と共に汗かけ=尾中香尚里(オピニオングループ)

当選確実となった候補者の名前がつけられたボードの前で撮影に応じる立憲民主党の枝野幸男代表=東京都港区で7月22日、長谷川直亮撮影

 7月の参院選から約2カ月。枝野幸男代表率いる野党第1党・立憲民主党に対する「失速」の評価に、かすかな違和感を覚えていた。議席はほぼ倍増。報道各社の事前予測には届かなかったが、国会で議席というリアルパワーが増した意義の方が大きいはずだ。むしろ参院で立憲と野党第1党争いを演じた国民民主党の敗北により、立憲は衆参両院で「野党の中核」の立場を固めたのではないか――。

 そんな思いを胸に選挙後、落選者や支持者の声に耳を傾けた。彼らから感じたのは、予想を上回る強い敗北感…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 奈良・三宅町の森田町長、育児で時短勤務へ

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. NATO 宇宙を作戦領域に 兵器配備は否定

  5. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです