メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

立憲民主党のこれから 熱い支持者と共に汗かけ=尾中香尚里(オピニオングループ)

当選確実となった候補者の名前がつけられたボードの前で撮影に応じる立憲民主党の枝野幸男代表=東京都港区で7月22日、長谷川直亮撮影

 7月の参院選から約2カ月。枝野幸男代表率いる野党第1党・立憲民主党に対する「失速」の評価に、かすかな違和感を覚えていた。議席はほぼ倍増。報道各社の事前予測には届かなかったが、国会で議席というリアルパワーが増した意義の方が大きいはずだ。むしろ参院で立憲と野党第1党争いを演じた国民民主党の敗北により、立憲は衆参両院で「野党の中核」の立場を固めたのではないか――。

 そんな思いを胸に選挙後、落選者や支持者の声に耳を傾けた。彼らから感じたのは、予想を上回る強い敗北感…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです