メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中摩擦、景況感悪化 7~9月、都内の中小企業 東商調査

 東京商工会議所は25日、東京23区内の中小企業を対象にした7~9月期の景況感に関する調査で、製造業の業況判断指数(DI)がマイナス24・9と前期比で7・6ポイント悪化したと発表した。米中の貿易戦争や中国経済の減速で設備投資が抑制され、半導体や自動車部品などの売り上げが減少。2012年10~12月以来、約7年ぶりの低水準となった。警戒感を強める企業の姿が浮き彫りになった。

 調査は8月23~30日に実施。中国政府が米国からの輸入品に対する最大10%の追加関税を打ち出したの…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです