メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

ポイント解説 海外、導入の国多く 高福祉のスウェーデンは25%

 消費税(付加価値税)は世界各国で導入されている。給料の増減や企業業績に応じて税収が大きく変動する所得税や法人税と異なり、景気動向に左右されにくい消費に課税するため、安定的に財源を確保できるためだ。

 欧州連合(EU)は加盟国に15%以上の税率を求めており、中国は16%、韓国は10%。米国は連邦レベルの付加価値税は存在しないが、ほとんどの州が州税として実施している。

 付加価値税は1954年、世界で初めてフランスで導入された。所得税や法人税には勤労意欲をそいだり、企…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです