メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「臨界」の残像―JCO事故20年―

/中 怖さ届かぬ現場指導 「遮蔽服着ず、こっそり」

臨界事故を振り返り反省の言葉を述べるJCOの桐島健二社長=茨城県東海村の同社で、荒木涼子撮影

 「放射線から正しく身を守る方法を教えてもらっておらず、その怖さを理解しきれていなかった」

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で下請け作業をし、東京電力福島第1原発(福島県)では廃炉作業に携わった作業員の男性(45)=北九州市=は、自らが経験した現場を振り返った。

 2012年になって、しばらくしてからだった。玄海原発の構内で、男性は同僚と配管を固定したり、無造作に置かれていた70センチほどの大きさの切断機20機余りを解体したりする作業をした。

 男性によると、切断機は放射性物質で汚染された配管の切断用で、作業で付着した粉じんで機材自体も汚染されていたという。

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです