メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

オダギリジョーさん=ベネチア映画祭に初長編監督作を出品

俳優のオダギリジョーさん=イタリア北部ベネチア・リド島で、井上知大撮影

 8~9月に開催された第76回ベネチア国際映画祭の「ベニス・デイズ」(映像作家週間)部門に、初の長編監督作「ある船頭の話」を出品した。また、出演作の中国映画「サタデー・フィクション」(ロウ・イエ監督)もコンペティション部門に出品され、監督と俳優という立場で晴れの舞台に立った。「光栄。人生に一度きりの奇跡みたいなもの」と喜ぶ。

 映画は10年前に自ら書いたオリジナルの脚本。英題の「They Say Nothing Stays the Same」は「諸行無常」の意味で、作品に通底するテーマだ。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです