メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

恐竜学者の卵=鴨志田公男

 東京の国立科学博物館で開催中の恐竜博で「むかわ竜」を見てきた。体長約8メートル。大きい。カメラを構えたが、北海道で発見された化石の実物と、全身復元骨格の展示を一緒に写し込むのに苦労した。

 骨格の8割以上が残る大型恐竜の化石発見は日本初。小林快次(よしつぐ)・北海道大教授らの研究で新種と分かり、「カムイサウルス・ジャポニクス」(日本の竜の神)と学名がつけられたが、「竜の神」という命名は大げさではない。

 大型恐竜の化石発見は恐竜研究の醍醐味(だいごみ)だ。一方で、一見地味な卵や巣の化石にこだわり、恐竜…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです