不自由展「再開目指す」 愛知知事、検証委条件に対応

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
検証委員会であいさつをするあいちトリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章愛知県知事(左)。右は座長の山梨俊夫国立国際美術館長=25日、山田泰生撮影
検証委員会であいさつをするあいちトリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章愛知県知事(左)。右は座長の山梨俊夫国立国際美術館長=25日、山田泰生撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、激しい抗議や脅迫などで中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」について、県の設置した検証委員会(座長、山梨俊夫・国立国際美術館長)は25日、「条件が整い次第、速やかに再開すべきだ」などと求める中間報告を発表した。芸術祭実行委員会会長の大村秀章知事はこれを受け、「条件を整えた上で再開を目指したい」と述べた。【竹田直人】

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1730文字)

あわせて読みたい

ニュース特集