メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「好角家」として知られ地方場所にも足を運び シラク元フランス大統領死去

大相撲観戦後、観客の「シラクコール」に手を振って笑顔で応えるフランスのシラク大統領=大阪府立体育会館で2005年3月26日、関口純撮影

 フランスのジャック・シラク元大統領は「好角家」として知られた。パリ市長時代から大相撲に親しみ、大統領としても訪日に合わせて、東京だけでなく、地方場所にも足を運んだ。主に椅子席で観戦し、一般客に交じって、熱心に取組に見入っていた。

 パリ市長として1986年、大統領として95年と2度にわたる大相撲パリ公演の実現に尽力。2000年には「フランス大統領杯」を…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです