南伊豆の野生サル園 入園者減で経営難 9月末で休園 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スタッフ(左)がまいた餌の麦を丁寧に拾って食べるサルたち=南伊豆町伊浜で2019年9月25日午前11時30分、梁川淑広撮影
スタッフ(左)がまいた餌の麦を丁寧に拾って食べるサルたち=南伊豆町伊浜で2019年9月25日午前11時30分、梁川淑広撮影

 餌付けした野生ニホンザル約300匹がいる静岡県南伊豆町伊浜の観光施設「波勝崎(はがちざき)苑(えん)」が、入園者減による経営難のため、今月末で休園することになった。運営会社は周辺の農作物被害が起きないよう、休園後もサルに餌をやり続け、事業継承先を探すという。

 同社ホームページなどによると、施設は1957年、地主の伊浜区と東海バスが、波勝崎にすみついているサルを生かした観光…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

ニュース特集