メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転バスが物損事故 開発の群馬大准教授「人為的ミス」 大分市で調整運転中

物損事故をおこした自動運転バス=大分市で2019年9月25日、白川徹撮影

 大分市が来月6日から市中心街で走行実験する自動運転バスが25日未明、調整運転中に物損事故を起こした。バスを開発した群馬大は「自動走行システムには問題なく、運転手の人為的なミスが原因」としており、市は走行実験を予定通り実施する。

 大分中央署や市まちなみ企画課によると、自動運転バスは25日午前2時20分ごろ、同市高砂町の交差点で左折中に、歩道の縁石に接触して乗り上げた。バスは左後輪とフェンダー部分をこすった。乗車していた運転手、市職員ら3人にけがはなかった。

 同課によると、バスは来月6~14日に中心市街地循環バス「大分きゃんバス」のルートを走る実証走行実験に向けて、調整のため走行中だった。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです