メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI予測で司法試験ヤマ6割「的中」 資格学習サイト「次は大学入試」

AIで資格試験の問題を予測しているサイトビジットの鬼頭政人代表=東京都千代田区で2019年5月29日午後0時22分、成田有佳撮影

 資格試験に出る問題をAI(人工知能)で予測し高い確率で的中させている会社がある。資格試験学習サイトを運営する「サイトビジット」(東京都)。5月にあった司法試験の予備試験ではマークシート式問題の95問中57問(6割)を“的中”させた。予測した問題の提供先はサイトの会員というがその狙いとは--。

 裁判所の行為に関する以下の記述は○か×か。「弁論準備手続きにおいて、専門的な知見に基づく説明を聴くために専門委員を手続きに関与させる決定を行うときは当事者の意見を聴かなければならない」。サイトビジットが予備試験で的中させた問題の一つだ。

 予備試験は記述式問題もあるが、予測の対象はマークシート式問題。的中とは出題内容や選択肢がほぼ一致した場合を指す。一般的にマークシート式問題の正答率の合格ラインは6割程度とされる。予測された問題を事前に学習してすべて正答すれば合格ラインを超えることになる。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです