メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR潮来駅、来春から無人化 観光都市に痛手 茨城

来春以降、駅員が終日不在となるJR潮来駅=潮来市あやめで、根本太一撮影

 JR東日本は、鹿島線の潮来駅(茨城県潮来市)を来年春以降、駅員を配置しない「無人駅」化する方針を決めた。同じ時期にSuica(スイカ)などICカード対応の自動改札機を設置するのに伴う合理化だが、交流人口の拡大を図る観光都市・潮来市には大きな痛手となる。

 鹿島線は旧国鉄時代の1970年、香取駅(千葉県)―鹿島神宮駅(旧鹿島町)間で開業した。併せて新設した潮来駅近くでは、初…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです