滋賀・佐和山城跡に石田三成の惣構普請跡 橋を壊し土地造成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐和山城跡の発掘現場で見つかった橋台について説明する担当者=滋賀県彦根市で2019年9月24日午後2時10分、西村浩一撮影
佐和山城跡の発掘現場で見つかった橋台について説明する担当者=滋賀県彦根市で2019年9月24日午後2時10分、西村浩一撮影

 滋賀県文化財保護協会は26日、安土桃山時代の武将、石田三成が居城とした佐和山城跡(同県彦根市)の城下町の一画から、上部が削られた「橋台」(橋の台座)が見つかったと発表した。三成が城下町を大幅に改造した「佐和山惣構御普請(そうがまえおんぶしん)」の際、橋を取り壊して土地を造成した痕跡とみられる。当時の豊臣政権での都市計画を考えるうえで、貴重な発見という。

 橋台が見つかったのは、佐和山城の外堀だった現在の小野川と、内堀だった西法寺川に囲まれた東西約180メートル、南北約325メートルの城下町の一画。城下町を南北に貫く幅2・6メートルの排水溝にかかっていた橋の台座と見られ、長さ約5メートルの橋台1対が東西ののり面に石で築かれていた。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文856文字)

あわせて読みたい

注目の特集