メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・佐和山城跡に石田三成の惣構普請跡 橋を壊し土地造成

佐和山城跡の発掘現場で見つかった橋台について説明する担当者=滋賀県彦根市で2019年9月24日午後2時10分、西村浩一撮影

 滋賀県文化財保護協会は26日、安土桃山時代の武将、石田三成が居城とした佐和山城跡(同県彦根市)の城下町の一画から、上部が削られた「橋台」(橋の台座)が見つかったと発表した。三成が城下町を大幅に改造した「佐和山惣構御普請(そうがまえおんぶしん)」の際、橋を取り壊して土地を造成した痕跡とみられる。当時の豊臣政権での都市計画を考えるうえで、貴重な発見という。

 橋台が見つかったのは、佐和山城の外堀だった現在の小野川と、内堀だった西法寺川に囲まれた東西約180メートル、南北約325メートルの城下町の一画。城下町を南北に貫く幅2・6メートルの排水溝にかかっていた橋の台座と見られ、長さ約5メートルの橋台1対が東西ののり面に石で築かれていた。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです