メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今季限り引退の阪神・横田「諦めずやってきて良かった」17年に脳腫瘍と診断

1軍選手も含めたチームメートに胴上げされる阪神の横田=兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で2019年9月26日午後3時42分、藤田健志撮影

 脳腫瘍からの復活を目指しながら今季限りでの現役引退を決めたプロ野球・阪神の育成選手、横田慎太郎外野手(24)の引退セレモニーが26日、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場であった。ウエスタン・リーグ(2軍)のソフトバンク戦にも出場し「つらいことはあったが、自分に負けず自分を信じて自分なりに必死に練習してきて本当に神様がいると思った」と感謝した。

 2017年に脳腫瘍と診断されてから初めての公式戦出場。八回2死二塁から中堅の守備に就き、5番・市川…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです